HOME「座る」ために走りつづけてきた歴史エクスジェル体圧“流動”分散の実力

「座る」を変える体圧“流動”分散。

低反発でも、高反発でもない
「体圧 “流動” 分散」の実力。

img01

実証、縦の実力。

座り続けるとき、終始お尻にかかり続ける縦の圧力。
エクスジェルは、自社衝撃吸収力テストで、
一般的なウレタンフォームの10倍以上の
衝撃吸収力を発揮。座った瞬間の衝撃も、
座り続ける圧力も、やさしく受け止め分散します。

ゴルフボールを1mの高さから落下。
ウレタンフォームがその半分ほどの高さまで跳ね返る一方、
エクスジェルは、ほぼ跳ね返りなく衝撃を吸収。写真

実証、横の実力。

座っているとき、無意識に繰り返される体のズレ。
エクスジェルは、そんな横のズレに対する
実験でも、お尻の動きに合わせて
ジェルが自在に動くことで、お尻への負担を
軽減できることが実証されました。

エクスジェルとウレタンフォーム、それぞれに
桃を押し付けて横にずらすと、ウレタンフォームは摩擦により
皮に傷がつくのに対し、エクスジェルは無傷。img03

「エクスジェル」の3つの特性が
「座る」の3つの問題を解決。

衝撃を吸収する弾力性。
img04人は想像以上に立ったり座ったりを繰り返します。エクスジェルは、その座る瞬間の衝撃をおもちのような優しい弾力で受け止め、底つき感もありません。
圧力を分散する柔軟性。
img05固体であるにもかかわらず、約20倍まで伸び、元の形に 復元するという驚異の柔軟性でお尻に集中する圧力を包み込むように分散します。
ズレに寄り添う流動性。
img06座り続ける際、体は無意識に前後左右へズレて肌につっぱりが生じます。エクスジェルはそんな動きにもぴったりと寄り添い、お尻への負担を軽減します。

EXGELの効果をカタチにしたら、
「ふくろう」でした。

体の重みをしっかり支えるウレタンフォームの上に
エクスジェルを効果的に配置。
このふくろう(アウル)のかたちこそ、
エクスジェルだけの座り心地のかたちなのです。

img07

グローバルな規格にも適合する
信頼の日本製

エクスジェルは国際的に統一された安全性基準であるエコテックス
スタンダード100の認証を受けています。エクスジェルを用いた製品は
株式会社加地がISO9001の品質マネジメントの下で製造しています。

img08


トップに戻る