HOMEみんなの勉強会セミナー第2回:車いすの豆知識

セミナー第2回:車いすの豆知識

第1回では、標準型車いすが身体にフィットしていないケース、座位姿勢のポイントなどについて勉強しました。
第2回は、第1回で触れた標準型車いすのサイズをもう少し詳しくみていきましょう。

まず、車いすのJIS(日本工業規格)化のきっかけは何だったでしょうか?”

それは、1964年に東京オリンピックと同時開催された東京パラリンピックに海外から様々な車いすを利用される方が来日し、それらを参考にしてJISの原案となる「車いす規格制定に関する資料」が作成されたことです。海外から流入したモデルを参考にしたのが、現在の標準型車いすの原型となっています。日本人の体格と欧米諸国の方々との体格は異なります。さらに現在の利用者の方の体格との差はさらに大きくなります。したがって、身体と車いすの接点(接触部分)で不具合が発生しやすく、快適に過ごすことが難しくなってきますので、注意深く寸法をみることが大切です。

シート高さ

フットレストからの距離と思われている方もいらっしゃいますが、床からシートまでの距離をシート高と呼びます。シート高が低く、フットレストが装着されている車いすの場合、フットレストの地面からの距離が十分でなく、歩道と車道の境界などのちょっとした段差に接触してしまうことがあります。

図

座幅

最適な座幅は実際に車いすに座って、手が両側に入るくらいの余裕がある幅やお尻の幅から5センチ程度の余裕を取った幅、とも言われています。

図

座奥

車いすの座奥行は、膝の裏からお尻までの大腿部をカバーできる長さを取ります。座奥行があまり短すぎると、狭い面積範囲で体重を支えることになります。利用者の大腿部が骨ばっていたりするとその部分に体重の負荷が集中してしまい、褥瘡の原因になる場合もあります。逆に座奥行が長すぎる場合、シートの前部分が膝の裏に当たってしまいます。また長すぎる奥行の車いすでは、ずっこけ姿勢になってしまいます。

図

肘掛高さ

アームレスト高とは車いすのシートからアームレスト上部までの距離を言います。スリングシートの場合、実質アームレスト高は長くなる傾向があるといえます。肘を90度曲げたときに、アームレストに軽く触れる程度が適当なアームレスト高となります。アームレストが低すぎると、肘をアームレストにおくことができず肩が落ち込んでしまいます。また高すぎる場合も、肩が持ち上げられたような格好になりリラックスできず、アームレストを利用しなくなり、腕を内側に置くことが多くなり、体格が丸まるようになってしまいますので軽視しないようにしましょう。

図

イラスト座幅と座奥行は乗り心地に大きく影響するので、体格に合ったものを選びましょう。
車いすの選び方には正解がありませんが、利用者の乗り心地を最優先に考えることを忘れてはいけません。
車いすを利用される方の性別や体格はさまざまです。その体格に応じたサイズの製品を選ぶことはストレスのない日常生活にとって重要です。

シート高さ

フットレストからの距離と思われている方もいらっしゃいますが、床からシートまでの距離をシート高と呼びます。シート高が低く、フットレストが装着されている車いすの場合、フットレストの地面からの距離が十分でなく、歩道と車道の境界などのちょっとした段差に接触してしまうことがあります。

一般的なシート高は次の式で求めます。
(シート高) =(利用者の下腿の長さ)+ 約5(単位はセンチ)
足こぎをする場合、式は次のようになります。
(シート高) =(利用者の下腿の長さ)+ 約2(単位はセンチ)

座幅

最適な座幅は実際に車いすに座って、手が両側に入るくらいの余裕がある幅やお尻の幅から5センチ程度の余裕を取った幅、とも言われています。

若干のゆとりを持ちつつ、座る姿勢で上半身の土台となるおしり(骨盤)の位置1つを決められる幅が適正と言えます。

座奥

車いすの座奥行は、膝の裏からお尻までの大腿部をカバーできる長さを取ります。座奥行があまり短すぎると、狭い面積範囲で体重を支えることになります。利用者の大腿部が骨ばっていたりするとその部分に体重の負荷が集中してしまい、褥瘡の原因になる場合もあります。逆に座奥行が長すぎる場合、シートの前部分が膝の裏に当たってしまいます。また長すぎる奥行の車いすでは、ずっこけ姿勢になってしまいます。

体格から適正な座奥行が分かっても、他の要因にも目を向けましょう。

1. バックシートの状態
バックシートの状態により、実質の座奥行は変わります。
スリング式の場合と、背クッション等(ランバーサポート、張り調整バックレスト、姿勢保持用バックレストなど)を装着した場合とでは座奥行は変わります。

2. レッグレストの状態
レッグレストを装着した場合と、しなかった場合では車いすの座奥行が変わってしまうことがあります。

肘掛高さ

アームレスト高とは車いすのシートからアームレスト上部までの距離を言います。スリングシートの場合、実質アームレスト高は長くなる傾向があるといえます。肘を90度曲げたときに、アームレストに軽く触れる程度が適当なアームレスト高となります。アームレストが低すぎると、肘をアームレストにおくことができず肩が落ち込んでしまいます。また高すぎる場合も、肩が持ち上げられたような格好になりリラックスできず、アームレストを利用しなくなり、腕を内側に置くことが多くなり、体格が丸まるようになってしまいますので軽視しないようにしましょう。

他の採寸と同様、スリングシートのたわみによる誤差に注意する必要があります。

トップに戻る